害獣・害虫のお悩みを解決

京都市でハチ・蜂の巣を駆除する業者
修理隊が茨城県で害獣の退治

害獣・害虫を駆除を茨城県や京都府で修理隊が解決!

人家に侵入して健康被害や動物臭。あるいは、農作物を荒らすなど世間を騒がす害獣と言われるハクビシン・イタチ・アライグマ・イノシシ・鹿などは、愛ぐるしいながらも人里に山から降りてきて農作物を食い散らかしたり、糞尿を垂れ流してくるなど人間が受ける被害が多大です。
最近では、人の数よりも多くなっている地域もあり、市街地でも獣が姿を現す野生動物も少なくありません。そのなかでも、ハクビシンは家の天井や屋根裏に住み着き、糞尿を繰り返し行います。 そのため、天井や壁に糞尿が染みだし付着しカビが生え臭いが家中に広がってしまうこともあります。
ハクビシンは野生動物ですから、ノミやダニが寄生しており糞尿には害虫がいます。大人しい動物ですが絶対に餌を与えたり触ってはいけません。 また、日本国法令で定められている「鳥獣保護法」により、許可を得ていない人が勝手に駆除してはいけない定めになっているため、適切な対処をしなければいけないのです。 それ以外の動物でも同法令で定められている自然動物も少なくなく対策を行っているご家庭も多いですが、あくまでも対策なので完璧に侵入を防げるわけでありません。
そのため、敷地内に侵入されたときには、営巣されないようにしっかりと追い出すことが大切です。修理隊では、お客様のお悩みを解決できるように調査をして駆除方法のご提案をし駆除解決に努めさせていただきます。

基本的な対策として追い出す!

害獣に侵入されてしまった時に有効な対処として、追い出す方法です。潜んでいる場所に燻煙剤をたいてバルサンなどの殺虫剤(以下、「煙」という。」を蔓延させます。ハッカ油木や酢液を散布し追い出す方法も有効でが燻煙剤を焚いて煙を蔓延させるときはポイントがあります。
燻煙剤は屋根裏の隅や床下のコンクリートの奥には設置しにくいし害獣の脱出口から遠ざけてしまう可能性もあります。燻を使って住み着いている害獣を追い出すときには、脱出口から遠い場所の小さな隙間から順番に散布していくことがポイントとなってきます。
しかし、このような駆除方法を行っても出ていかない獣もいます。例えば、出産直後などですと子を守ろうとするため、燻煙剤やハッカ油木などを使用しても効き目がありません。
このような場合や自力駆除が困難な場合。あるいは、動物がどこに住み着いているかわからないなどの場合には、専門業者のご相談をされると良いでしょう。適切な調査を行い施工方法にご納得でき費用面で折り合えば駆除依頼をするとよいでしょう。

茨城県の対象地域


つくば市 土浦市 水戸市 日立市 取手市
茨城県の拠点案内
常総市 古河市 龍ヶ崎市 筑西市 守谷市

茨城県で特定外来生物に指定されている「アライグマ」の生息域が県央や鹿行地域で拡大しています。
本来、茨城県で生息していなかったのですがペットとして飼われていたアライグマが逃げだしたり捨てられたりして増殖していったと言われています。

牛久市 石岡市 鹿嶋市 稲敷市 笠間市
ひたちなか市 神栖市 つくばみらい市
茨城県の拠点案内
かすみがうら市 潮来市 鉾田市 坂東市

これまでは、茨城県内での捕獲されたいたほとんどが県南、県西地域でした。ですが、2020年度に過去最多となり年々被害拡大している現実があります。農作物被害や生態系への影響、病原体の拡散など、県民生活に悪影響が出ることが懸念されていますので目撃されたら早めの駆除をオススメします。
お住いの市町村でも相談窓口があります。また、当社でも相談や調査。あるいは、駆除も承っております。

結城市 那珂市 小美玉市 常陸太田市
茨城県の拠点案内
行方市 常陸大宮市 桜川市 下妻市

有害鳥獣捕獲許可について
鳥獣の捕獲は、鳥獣による生活環境や農林水産業又は生態系に係わる被害がある方やそのおそれのある場合に被害防止と軽減を図るための対策をする時に届け出が必要となります。
鳥獣保護法の対象となっている動物は、鳥類・哺乳類に属するすべての野生生物(ネズミ・モグラ類、海棲哺乳類を含む)と定められており、ほぼすべての動物が対象となっていると考えてもいいでしょう。ただし、ドブネズミ、イエネズミについては、環境衛生の維持に重大な支障を及ぼすおそれがあること。または、ほかの法令で適切に管理されていることから鳥獣法の対象から除外されていいます。
人に害をもたらす害獣についてのご相談は、お住いの市町村役場で窓口があります。また、当社でも承りますのでご相談下さい。適切な調査を行い駆除施工を提案し駆除させていただきます。

鳥獣保護管理法で対象となっている野生鳥獣
日本国法で定められている鳥獣保護管理法では、「鳥獣」を「鳥類又は哺乳類に属する野生動物」と定義されています。「鳥獣」の概念には、2002年の法改正で、ネズミ・モグラ類と海棲哺乳類が含まれることになりました。
ただし、鳥獣保護管理法第80条の規定では、、「環境衛生の維持に重大な支障を及ぼす鳥獣又は他の法令により捕獲等について適切な保護管理がなされている鳥獣」として、ニホンアシカ・アザラシ5種・ジュゴン以外の海棲哺乳類、いえねずみ類3種については、鳥獣保護管理法の対象外と定められています。