蜂の被害を最小限で食い止める

ハチの駆除業者

敷地内に蜂の巣ができていたら

どんなに蜂の巣を作らせないための対策をしていても想像もしていないところに気がついたら蜂の巣を作っていたなんてことがよくおこることがあります。もしも、敷地内の建屋に蜂の巣が作られてしまった場合には、敷地内がスズメバチなどの蜂の行動範囲になってしまっていて、そこで生活をしている限りスズメバチの攻撃対象になってしまうことがあります。
また、ご近所や近隣にお住まいの人にもハチの被害を与えてしまう可能性もありますから、早めの巣の撤去を行うようにしましょう。
仮にスズメバチが巣を作り始めて間もない場合は、巣も小さくスズメバチの数も少ないので自分で駆除を行うことも十分に可能です。スズメバチが巣に戻って来ている時間帯(20時~6時までの間)に暗くなっている時間を狙って巣に直接殺虫剤を吹きかけます。
全滅したことを確認したら巣をゴミ箱などに入れて処理しましょう。ただ、この方法ですと、スズメバチに刺されてしまうリスクがありますから刺されてしまわないように防護服を着るなどの身を守る十分な安全対策をして対策を行うことが最低限必要なことで大切です。
スズメバチの巣が約15cm以上になっている場合には、知識のない一般の方が巣を駆除することが大変危険をともないます。駆除業者や役所などにご相談をして撤去依頼をしてもらえるか確認をしてください。また、スズメバチの巣を見かけたら早急に排除することが大切なこととなってきます。

京都府出張対象地域
城陽市 長岡京市 宇治市 京田辺市 向日市
南丹市 木津川市 亀岡市 八幡市

ご依頼の流れについて