蜂が死んでいても素手で触らない

ハチの駆除業者

蜂の攻撃をかわして食事をする対策

蜂の巣を駆除する時には、働き蜂からの攻撃が絶対的に必ずあります。その時の対策として行うことが巣の中に向かって殺虫剤を噴射し巣を出てくる蜂を極力抑えて駆除する方法が最適です。
殺虫剤の噴射によって巣の中にいる蜂の大群も弱まりますので刺されるリスクが低下しますが注意しながら巣に近づきましょう。そして、入り口から巣の中に向かって殺虫剤を噴射して残っている蜂を退治しましょう。
巣の中から飛び出してくるハチがありますが殺虫剤の効果で動きが鈍っているので慌てずに殺虫剤の噴射を続け退治ていきます。この時に、巣の周囲にまだ残っている蜂がいる場合は、殺虫剤を噴射して駆除していきましょう。
ある程度、蜂を退治したら巣から蜂が出てこなくなり周辺にも蜂がいなくなったら、長い棒を使って巣を落とし袋の中に巣を入れます。念のため、袋に巣を閉じ込めた後も殺虫剤を注入しておくととよいでしょう。
巣を排除してた後は、巣があった場所にも戻り蜂対策として殺虫剤をまいておきます。こうすることで逃げ出した蜂が戻ってきて同じ場所に再営巣することを予防することができます。(仮に巣を落とすことができないときは、無理をせずにゆっくり後退して別の日に再度チャレンジするか駆除業者の依頼をするか検討をしましょう。)
その後、ゴミ袋にハチの巣を入れたら可燃ゴミとして出すことができるので巣を回収した後は自治体指定のゴミ袋に入れて可燃ゴミとして出しましょう。
大切なことですが、殺虫剤で周囲に落ちた蜂が死んでいる場合でも筋肉の収縮運動で毒針に刺される危険性がありますので素手で触らずトングなどで回収するようにしましょう。また、ゴミ袋に入れた後も、袋の中で蜂が暴れているようでしたら防護服を来た状態で袋の中に殺虫剤を注入して完全に駆除するようにしてください。

京都市出張対象地域
伏見区 西京区 東山区 山科区 右京区
上京区 左京区 下京区 中京区

営巣しやすい場所