安全を第一に考えて駆除をする

ハチの駆除業者

自分で行う蜂の巣の駆除手順

身を守ることを最優先で考えてハチの巣の駆除を安全に行なうために、ハチの巣を駆除する時間は、日没後の2~3時間後が一番適していますので個人で駆除される時には、目安に考えておきましょう。
ハチは日中活動して夜暗くて活動ができないので巣に戻ってきます。
仮に、日中にハチの巣を駆除をしたら活動に出かけて戻ってくるハチ(戻りハチ)の駆除も忘れないで行なう必要があります。
一般的に個人でする作業の順番を参考にお伝えをしておきます。
1.巣の位置を日中に確認
巣に近づきすぎないように巣の穴の位置を確認しておきます。
2.夜9時過ぎに防護服を身に着けて駆除をスタートさせます。
懐中電灯の明かりに蜂が飛びかかってきますので赤のセロファンを貼った物で場所確認をします。
3.巣の位置まで慎重に近づきます。
4.殺虫剤を噴出します。 巣の表面にいるハチをスプレーで駆除し巣の入り口側に噴射して中から出てくる蜂をすべて駆除します。巣の大きさにもよりますが約3~5分程度。
巣に近づき入り口から中に噴射します。その時には、巣の中から蜂が出てきても飛び立つことができません。ライトを地面に置いて点灯させて、外にいたハチを光に寄ってきますのでスプレーをハチに噴射して退治します。
5.巣を処分する
蜂の巣を排除します。ゴミ袋を掛けた虫取り網でキャッチしてゴミ袋に入れて巣を壊します。巣の中にいる幼虫は踏んで確実に駆除してください。袋の中に殺虫剤を噴射し、袋を二重にしてゴミ出しルールに沿って捨ててください。

注意点として、動かなくなったハチの針には毒が残存しています。死んだと思っても最後の力を振り絞りジタバタするハチもいますので駆除したハチは、手で触らずにホウキとちりとりで集めて袋にいれて処分してください。
また、巣から離れていたハチ(戻りバチ)の対策ですが、巣がなくなった後も1週間ほど巣があった周囲を飛び回るハチがいます。「戻りバチ」と呼び、再び巣が作られないように巣があった周りに殺虫スプレーを撒いておくとよいでしょう。

京都府出張対象地域
京都市 城陽市 長岡京市 宇治市 京田辺市
向日市 南丹市 木津川市 亀岡市 八幡市

営巣しやすい場所