熱中対策は必ずする必要がある

ハチの駆除業者

ハチを駆除するための心構え

ハチの駆除を行うときに気を付ける点としては、シロアリなどの害虫を駆除するときと異なり命の危険が伴うことになります。
スズメバチをはじめとして、アシナガバチやミツバチなどのハチでも駆除しようとする者を外敵とみなして特に巣に近付く者には、集団で巣を守るために襲ってきますから命がけでとなります。
このことを考えるとハチと戦える程度の度胸はないと駆除をすることをオススメしできません。

京都府出張対象地域
向日市 南丹市 木津川市 亀岡市 八幡市
城陽市 長岡京市 宇治市 京田辺市

しかし、度胸だけスズメバチなどのハチに戦いを挑めば命とりであり無謀な行為となってしまいます。必要な装備は、防護服など全身を護る物のほか、ハチの駆除や巣を取り除くための道具が必ず必要になります。それ以外には、ハチの巣に近付くための道具(脚立、足場板、電動工具など)が巣ができている位置に応じて必要になってきます。
度胸と装備があればなんとかなるといったことでもありません!と、言いたいところですが、それだけではまだ充分ではありません。
駆除する手順を知らなければ、必要以上にハチを興奮させてしまったり周囲も危険にさらされてしまいますしハチの生態を理解していなければ駆除したつもりでもすぐまた巣が作られてしまいます。そして、建築の知識がなければ建物を余計に傷付けてしまうこともあり間接的な災害にもつながってしまします。
上記以外でもハチの駆除は、夏場に行うことがほとんどで暑いなかで防護服に身を包み駆除作業をしますので汗をかきます。まるで、サウナに入っているような炎天下での作業となります。特に過酷なのは屋根裏での作業で、真夏には屋根裏の気温が50℃前後のもなるため熱中症になる危険と戦いながらの作業になります。ハチの駆除は、ハチとの戦いより熱中症との戦いであると考えても過言でありません。

京都市出張対象地域
伏見区 西京区 東山区 山科区 右京区
上京区 左京区 下京区 中京区

営巣しやすい場所