容易に近づかないことが大切である

ハチの駆除業者

ミツバチについて

ミツバチはスズメバチほど高い攻撃性を備えてはいません。そのため比較的安全な蜂といわれていますが状況によってはミツバチが危険をもたらすこともありますので注意が必要となってきます。
ミツバチが襲ってくる理由としては、巣に刺激を与える相手に対して攻撃をしてくることがほとんどです。ミツバチが攻撃対象物である相手に対して毒針を刺したら、ミツバチの身体からはフェロモンが漏れ出てきます。このフェロモンにはミツバチの仲間を呼び寄せる成分が含まれていますので次から次へとミツバチが巣から出撃してきて複数のハチに襲われ続けるリスクがあります。
仮にミツバチに刺されるとどうなるかといいますと、刺されたミツバチが1匹だけなら、大きな腫れや痛みが出ても数日で症状が収まることがほとんどです。しかし、複数の蜂に刺されてしまうと契約の場合でアナフィラキシーショックという強いアレルギー症状が出るおそれがあり、嘔吐や呼吸困難、意識障害を引き起こし、最悪のケースでは、死に至ることもあります。また、アレルギー症状に敏感な人ですと一匹のミツバチであってもアナフィラキシーショックを発症してしまうことがありますので大至急最寄りの病院に行って医療処置をしてもらうようにしましょう。
また攻撃が多くなってくる時期としましては、寒くなると凶暴的になることがあります。
ミツバチは10月~11月ごろと2月~3月ごろの寒い時期に凶暴化する傾向があります。ほかの蜂が7月~9月ごろに凶暴化するのに対してミツバチの攻撃的な時期が異なる理世落ちしては、ミツバチには女王蜂と働き蜂が集団で越冬する習性があるからです。10月~11月は集団で越冬するために冬眠期間中のエサを確保するために、餌を守るために攻撃的に変貌してくるからです。
また2月~3月は、越冬から覚めて女王蜂が産卵する時期になります。産卵をするためには栄養素も必要となってくるのでミツバチが攻撃的になるのが容易に想像できると思います。

当社からのご案内


京都府出張対象地域
京都市 城陽市 長岡京市 宇治市 京田辺市
向日市 南丹市 木津川市 亀岡市 八幡市
オオスズメバチの巣
京都市出張対象地域
伏見区 西京区 東山区 山科区 右京区
上京区 左京区 下京区 中京区

営巣しやすい場所

ご依頼の流れについて