被害が拡大する前に駆除しましょう

ハチの駆除業者

ミツバチの被害を防ぐ

ミツバチの巣は、垂直方向に平面構造の巣を作ります。蜂蜜が付着した板を養蜂農家の方が箱から取り出している映像をテレビのCMなどでご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。筆者もCMのロイヤルゼリーを販売するCMで見たことがあります。
巣の大きさは、最大1mくらいでハチミツが集まってくると次第に巣の色が黄色に変わっていきます。その蜂蜜を精製してハチミツとして市販されていますので益虫といってもいいですが、民家で営巣してしまったら害虫となってしまいます。ミツバチも考えて巣をつくってほしいですね。
さて、ミツバチは、軒下や天井裏にも巣を作ります。ミツバチは、スズメバチの巣のような外壁を作らないのも特徴となっています。風雨や外敵から巣を守るために天井裏や軒下。あるいは、家屋の隙間や樹洞など気密性の高い場所に営巣します。
ですから、自分でミツバチの巣を駆除することが難しいとも言えます。そうなると、蜂の巣駆除はプロが安心でしょうか。
蜂の巣の駆除には刺されたり建物に傷をつけてしまうなどのリスクがともないます。自分で駆除しようとして被害を拡大してしまったり家族や近隣住民に迷惑をかけたりしたら二次的なトラブルになってしまうこともあります。
また、蜂の巣を駆除したつもりでも完全に駆除ができていなく被害が延々と繰り返されてしまうなどのおそれもあります。
ハチの駆除をする駆除業者は、蜂の種類や巣の大きさに合わせてもっとも安全な方法で駆除ができる見極めをしてから駆除作業をおこないます。また、再び同じ場所に蜂が巣を作らないように再発防止作業もしています。ですから、駆除業者に依頼すれば的確な蜂の巣駆除をすることが期待できます。

当社からのご案内


京都府出張対象地域
京都市 城陽市 長岡京市 宇治市 京田辺市
向日市 南丹市 木津川市 亀岡市 八幡市
オオスズメバチの巣
京都市出張対象地域
伏見区 西京区 東山区 山科区 右京区
上京区 左京区 下京区 中京区

営巣しやすい場所

ご依頼の流れについて