蜂の巣を駆除するのに補助金の一部が支給される

ハチの駆除業者

蜂の巣ができるメカニズムについて

思いがけない時に8が目の前に飛んできて慌ててしまったりしたことがないでしょうか。 スズメバチにかぎらず突然のことで焦ってしまいますよね。蜂に刺されてしまうとアナフィラキシーショックを発症してしまって最悪でしに至ることがあります。
そして、刺されると赤く腫れてとっても痛い思いをしてしまいます。
ハチ刺され事故の多くが8月?9月に集中して発生します。

京都市出張対象地域
伏見区 西京区 東山区 山科区 右京区
上京区 左京区 下京区 中京区

世界には10万種以上もハチの種類がいるそうで、その中でも「スズメバチ」は、約70種いるそうです。そのうち日本には、16種が生息しています。蜂の種類でも人をに毒針を刺すのは限られた蜂だけという事実です。ハチ全体から鑑みてみると「危険」なハチはごく一部の蜂だけとなります。
スズメバチやミツバチの巣をとり仕切るのは、産卵を専門とする 女王蜂と多くの働蜂です。巣を作るのは、女王蜂が1匹で春から作りはじめたものです。5月~6月頃までは、まだ小さい巣の中に女王蜂が幼虫たちのお世話をしていますが、幼虫はやがて働き蜂として生育して行き生息する働き蜂も次第に増えていき巣が増強されていくのです。
この巣が使われるのは、その年の秋までで、毎年新しい蜂の巣が作られていきます。働き蜂がどんどん増えいき秋になるとオスバチや翌年女王になるメスバチも加わって種類によっては1000匹くらいもの大所帯になることもあります。働きバチは、主に生きた昆虫やクモをつかまえてきて幼虫に与えそれが害虫駆除に役立っていますので益虫として考えることもできるので身に危険なければアシナガバチの酢であればそのままにしておくことで敷地内の害虫駆除にもつながりますのでとても良い効果が得られるがあります。
幼虫やサナギがぎっしり詰まったハチの巣は、他の動物にとってはご馳走の餌箱となりますので襲ってくる外敵を前に手も足も出ない幼虫たちを守る必要があり次に近づいてくる外敵から守る必要がありますので毒針をもって戦うことになるからです。
とはいっても、敷地内の建屋に蜂の巣があれば害虫や害獣が寄って来たりする場合がありますので駆除をする必要が出てきます。
お住まいの地域の自治体では、 スズメバチなどの蜂の巣を駆除するための補助金が出る場合がありますのでお困りごとがありましたが一度自体にご相談されることが良いでしょう。

営巣しやすい場所